銀行か消費者か|上手に利用すればかなり便利な銀行のおまとめローンを紹介!

上手に利用すればかなり便利な銀行のおまとめローンを紹介!

銀行か消費者か

貯金箱を見ている女性

現在消費者金融と銀行系のカードローンがあり、銀行のほうが金利も低く限度額も規制が無いため人気となっています。しかも銀行系のカードローンに関してはおまとめにも利用できるという利便性の高さがあるため、消費者金融のカードローンがこれ以上利用できない場合にも上手に使うことで利用可能な状態にすることも出来ます。
しかし、この利便性の高さが逆にローンの総額を増やしてしまうことにもなりかねませんので、銀行系のカードローンを利用する場合には注意が必要となります。銀行系の場合、総量規制という貸金業法での規制が及ばないですし、それにより収入が無くても利用可能となっているカードローンも少なくありません。これは返済のあてはないけどお金を借りることが出来るということになってしまう為、いくら利便性が高く専業主婦などが契約可能でもその契約が正しいのかどうかをしっかりと熟考しなくてはいけません。おまとめに利用できるといってもまとめた総額に対し利息は発生しますし、返済しなければいけないという義務が無くなるわけではありません。
それと返済特化型の消費者金融のおまとめローンとは異なり追加融資も可能となるため返済しながら借り入れをしてしまうことも危惧されます。銀行のカードローンは確かに便利ですし銀行という安心感により消費者金融よりも手を伸ばしやすいですが、消費者金融のカードローンと実態はほぼ同じだと考えて利用する必要があります。